セフレ候補になるデパガの特徴

セフレ(SEXフレンド)のターゲットとして考えておきたいのがデパートガール(デパガ)です。
ノリが軽い女性が多いですし、勤務が不規則なので恋人がいないケースが多いです。
ストレスも溜まる仕事ですからセックスでストレス解消をしようとする女性も多く出会い系サイトやセックスフレンド募集サイトや婚活サイトでもプロフィール欄を見ているとデパート勤務の女性は多いです。
そして、彼女たちは「自分の顧客を持っておく」ことが大切なのです。
常連になると毎回買い物をしなくても立ち寄って話することもできますね。
これは親しくなるチャンスで上手くいけばセフレ関係に発展する可能性もあります。
もちろん確率は高くはないですが、セフレをゲットするにはあちらこちらに種を蒔いておくことがとても大切になります。

今回は【セフレ候補になるデパガの特徴】をまとめておきましょう。

デパートガールの仕事でも最も辛いことは「立ちっぱなしであること」と「クレームの対応」であると言われています。
訳のわからないお客さまでクレームを付けるいわゆるクレーマーがいます。
そんな場合でも頭をさげなければならないのでストレスが溜まります。

こういったことを知っておいて「大変な仕事だよね」と仕事のグチを聞いてあげて励ましてあげることも大切です。
パンプスを履いて一日中立ちっぱなしの仕事です。

ホテルに入った場合でも「疲れているだろうから、足のマッサージをしてあげるよ」という態度はいいですね。
いきなりセックスになだれ込むのはよくありません。
優しさを見せるのは高感度が高くなりますし、セフレ関係になっても長く続きます。

デパートガールはどういった男性を好むのか?

これはデパガに限ったことではないですがサービス業全体に言えることです。
「俺は客なんだ!」と高飛車に出る男です。
サービス業で仕事をしている人ならば、傲慢で偉そうな客に遭遇して泣きをみた経験はあるでしょう。

何を言われて自分に落ち度がなくてもひたすら頭をさげて謝罪をします。
こういったウンザリする経験は重ねています。
だから偉そうにされることが大嫌いなのがデパガと特徴です。
男らしさと偉そうにすることは別ものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加